参考書レビュー

文系の数学 実戦力向上編の到達レベルは?期間は?使い方を徹底解説!

松尾和哉

大阪府立寝屋川高等学校卒 関西大学システム理工学部電気電子情報工学科卒 個別指導6年、集団指導2年の経験

この記事でわかること

  • 『文系の数学 実戦力向上編』の概要がわかる。
  • 『文系の数学 実戦力向上編』のレベルがわかる。
  • 『文系の数学 実戦力向上編』の使い方がわかる。

文系の数学 実戦力向上編の概要

『文系の数学 実戦力向上編』は河合出版から出版されている入試標準レベルの問題集です。


タイトル 文系の数学 実戦力向上編
著者 堀尾豊孝
出版社 河合出版
問題数 例題90問、演習問題110問
タイプ インプット兼アウトプット型問題集

この他に『文系の数学 重要事項完全習得編』、『数学Ⅲ 重要事項完全習得編』があります。

『文系の数学 重要事項完全習得編』

『数学Ⅲ 重要事項完全習得編』

数学の問題集は問題数の多いものが多かった中で、この問題集は過去に出題された入試問題から厳選した問題のみを掲載しています。

『文系の数学 実戦力向上編』の構成は、一つのテーマに対して問題解答、解説講義、必勝ポイントが書かれています。

個人的レビュー

短期間でマスターできる

着目すべきは丁度良い問題数である。

有名な『青チャート』や『1対1対応の演習』と比較すると

文系の数学 実戦力向上編(演習問題) 1対1対応の演習(演習問題) 青チャート(例題)
数学ⅠAⅡB 90問(110問) 249問(246問) 770問

『青チャート』は『文系の数学 実戦力向上編』の約2.8倍もの問題数があります。

『青チャート』は網羅性はありますが、この問題数を全部マスターするには時間が掛かり過ぎます。

『文系の数学 実戦力向上編』であれば1日5題であれば40日(1ヶ月半)で1周することができます。

文系はもちろんですが理系で数学ⅠAⅡBを短期間でマスターしたい方は『文系の数学 実戦力向上編』がオススメです。

関関同立や地方国公立大学志望の方にオススメ

到達レベルは関関同立、地方国公立大学レベルと考えています。

また文系だけでなく理系の人が数学ⅠAⅡBを勉強するのにも使えると考えます。

難易度の幅は狭く

関関同立や地方国公立大学レベルの合否を分ける問題が並んでいる印象です。

関関同立や地方国公立大学志望の方は過去問の前に『文系の数学 実戦力向上編』を取り組むことをオススメします。

基礎は『文系の数学 重要事項完全習得編』で

『文系の数学 実戦力向上編』へ接続する際

姉妹書である『文系の数学 重要事項完全習得編』からの接続がオススメです。

『文系の数学 重要事項完全習得編』ではちょっと難しい方は『基礎問題精講』から接続してもいいでしょう。

ただし『文系の数学 重要事項完全習得編』の例題と『基礎問題精講』はレベルが同じで重複するので『基礎問題精講』→『文系の数学 重要事項完全習得編』の演習問題の順で接続することをオススメします。

産近甲龍であれば『文系の数学 重要事項完全習得編』から過去問へ移っても問題ないかと思います。

関関同立以上の方は姉妹書の『文系の数学 実戦力向上編』へスムーズに移れるでしょう。

解説が丁寧でわかりやすい

解答もわかりやすく書いていますが、

解答とは別に解説講義が書かれていて

問題に取り組む際の考え方が詳しく書かれているので

数学が苦手でわかりやすく書かれている参考書が良いのであればうってつけの参考書です。

解説講義をしっかり理解できれば同じような問題が出た時に対応できる力がつくので

問題を解き終わってからじっくり読み込むことをオススメします。

いつまでに終わらせればいい?

もちろん早いに越したことはないが

夏休み前までには終わらせたいところ。

公募推薦を受ける人は10月、11月くらいから入試が始まります。

ということは9月、10月には過去問に取り掛からなければなりません。

『文系の数学 重要事項完全習得編』は入試基礎レベルの問題集なので

関関同立や国公立大学を目指す人はそこからもう一歩レベルの高い問題の演習が必要です。

以上のことから夏休み前までに仕上げて夏休み期間は過去問を意識して応用へ入る形が理想かと思います。

まとめ

文系の数学 実戦力向上編は短期間でマスターするのに適した参考書です。

問題を見てすぐ解法が思いつくぐらいまでやり込んで下さい。

網羅性を心配なさる場合は青チャートや教科書傍用問題集など問題数の多いものを選んで下さい。


個別指導塾Glitからお知らせ

個別指導塾Glitは東大阪市吉田駅近くの『個別指導』+『映像授業』のW指導の個別指導塾です。

映像授業はスタディサプリを採用しました。

講師主導ではなく生徒自身で勉強を進めていくので、「自分に必要な勉強」や「今何がわからないか」を考えて勉強をしていきます。

また目の前の定期テストの点数UPに加えて、自分で勉強する力も育てていくことができます。

個別指導塾Glitに関する詳しい内容はトップページを御覧下さい。

トップページ

トップページは↑のボタンをクリックしてください。

  • この記事を書いた人

松尾和哉

大阪府立寝屋川高等学校卒 関西大学システム理工学部電気電子情報工学科卒 個別指導6年、集団指導2年の経験

-参考書レビュー