参考書レビュー

漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本のレベルや使い方を徹底解説!

松尾和哉

大阪府立寝屋川高等学校卒 関西大学システム理工学部電気電子情報工学科卒 個別指導6年、集団指導2年の経験

こんにちは。家庭教師かずやです。

理系の大学へ進む方、物理で苦戦していませんか?

物理は物理現象を理解して問題を解かなければ中々力が付きません。

そこで今回紹介する『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』は

物理をとことんまでにわかりやすく説明が書かれている参考書なので紹介します。

最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

この記事でわかること

  • 『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』の概要がわかる。
  • 『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』のレベルがわかる。
  • 『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』の使い方がわかる。

『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』の概要

『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』はKADOKAWAから出版されている講義型の参考書です。『力学・熱力学編』、『電磁気編』、『波動・原子編』の3冊があります。


タイトル 改訂版 大学入試 漆原晃の物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本
著者 漆原晃
出版社 KADOKAWA
ページ数 314ページ
タイプ インプット型問題集


タイトル 改訂版 大学入試 漆原晃の物理基礎・物理[波動・原子編]が面白いほどわかる本
著者 漆原晃
出版社 KADOKAWA
ページ数 291ページ
タイプ インプット型問題集


タイトル 改訂版 大学入試 漆原晃の物理基礎・物理[電磁気編]が面白いほどわかる本
著者 漆原晃
出版社 KADOKAWA
ページ数 297ページ
タイプ インプット型問題集

対象範囲は物理初学者向けです。

『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』の構成は、用語の定義や法則内容が記述されていて、所々で問題が記載されています

個人的レビュー

解説がわかりやすい

この参考書は本当にわかりやすいです。

この参考書で理解できない場合はどうすればいいかわからないくらいわかりやすいと思っています。

物理は数学との関連性が強い科目です。

なので数学がわからないがために物理が理解できないということが起きます。

しかも大学数学で説明しなければならないことも多々あるので高校物理の教科書はどうしても中途半端な内容になってしまい理解するのが難しくなっています。

このことを補おうと色々な講義型の参考書が出ている中で『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』は数式も使いつつ日本語でわかりやすく書かれています

大半の人は数学的に書かれるよりも日本語でイメージできるように書かれている方が理解しやすいと感じるので特に苦手な人ほどこの参考書をオススメします

もし数学的にしっかり理解したい人は『導出物理』という参考書がオススメなので以下の記事を読んでください。

導出物理

あくまでもインプット用

この参考書は所々で問題が記載されていますが、難易度の高いものも含まれています。

なのでこの参考書はインプット用として使用し、アウトプットは別の参考書を使って問題演習を行なうのが良いでしょう。

高3で時間がない人は物理の『入門問題精講』や『基礎問題精講』など問題数の少ないものでマスターするのが良いです。

物理の入門問題精講

高2で物理を習い始めて時間がある人は『導出物理』がオススメです。

ただし上記でも書いたように解説は数学的に書かれているのであくまでも問題集として使ってください。

導出物理

電磁気編はオススメ

電磁気は力学に比べて目に見えない物の話でイメージしづらい単元ですが、

この参考書はイメージをしやすい状態に持っていってくれるので

今まで力学は得意やったけど電磁気に入った途端に理解ができなくなった人は電磁気編だけでも読む価値はあると思います。

私も教える立場になり電磁気の教え方がわかりませんでしたがこの電磁気編を参考にして教えられるようになりました。

電磁気に限らず自分の苦手な単元だけこの参考書を利用するのもありだと思います。

いつ頃いつまでに終わらせる?

大学レベルごとにまとめた表を書きました。

大学レベル 漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本をいつ頃いつまでに?
産近甲龍(近は除く)以下 アウトプット用問題集と並行して11月までに
近畿大学、関関同立 アウトプット用問題集と並行して夏休み終わりまでに
旧帝大、京大、東大 アウトプット用問題集と並行して6~7月までに

まとめ

『漆原晃の物理基礎・物理が面白いほどわかる本』は講義型の参考書の中でも大人気の参考書です。

電子書籍でも販売しているのでスマホで気軽に読むこともできます。

さっと読んでしまって問題集などでしっかりアウトプットをすればかなり力はつくと思います。

是非手にとって読んでみてください。




個別指導塾Glitからお知らせ

個別指導塾Glitは東大阪市吉田駅近くの『個別指導』+『映像授業』のW指導の個別指導塾です。

映像授業はスタディサプリを採用しました。

講師主導ではなく生徒自身で勉強を進めていくので、「自分に必要な勉強」や「今何がわからないか」を考えて勉強をしていきます。

また目の前の定期テストの点数UPに加えて、自分で勉強する力も育てていくことができます。

個別指導塾Glitに関する詳しい内容はトップページを御覧下さい。

トップページ

トップページは↑のボタンをクリックしてください。

  • この記事を書いた人

松尾和哉

大阪府立寝屋川高等学校卒 関西大学システム理工学部電気電子情報工学科卒 個別指導6年、集団指導2年の経験

-参考書レビュー